「生きべくんば民衆とともに,死すべくんば民衆のために」
  • HOME »
  • 記事 »
  • これまでの活動 

これまでの活動 

季刊誌「支縁」  巻頭言

     座視してられない健忘症  目に入らない被災地の悲しみ,怒り,くやしさ  季刊誌「支縁」No.1を2012年11月3日に創刊  被災地へ赴いて,地べたを這うような活動を3.11直後から取り組ん できました。毎月, …

フクシマ訪問

(社)神戸国際支縁機構によるフクシマ訪問 2013年~2015年 <序> 福島第一原発事故以降,フクシマ,Fukushima という言葉が世界中に知られるようになりました。ヒロシマ,ナガサキとカタカナ表記するように,フク …

傾聴ボランティア

傾聴ボランティア  ここにいる人は 一度は泣いている  あのとき すぐに。  あのとき ずいぶんたって。  このあと いつか不意に。       (『神戸 これから 激震地の詩人の一年』(安永稔輪            …

ボランティア道 Volunteer-Do

Volunteer-Do (= The Principle Way of Volunteer) 2016年5月1日(日) 東京大学本郷キャンパス 完全原稿 ⇒ 「キリスト教とボランティア道」 英文完全原稿 Complet …

収穫祭 & 餅つき大会

2013年11月4日 宮城県石巻市渡波公民館 第2回収穫祭 2012年11月20日 第1回目「田・山・湾の復活」収穫祭  2012年8月20日,石巻刷新会議で,稲刈りをした米を地元に提供する際,新ノリができる11月以降な …

農ボランティア班

「田・山・湾の復活」 農ボランティア班 季刊誌「支縁」No.1  山本 智也   2012年   2013年 第29次「田んぼアート」コウノトリ 宮城県石巻市沢田  2011年9月,大学3年生の時から,農ボランティアを約 …

漁ボランティア班

 「田・山・湾の復活」   海苔の養殖ボランティア 2012年1月17日 石巻市渡波  漁ボランティア班4名は,まず,壊滅になった本田巧さん(61歳)の家のがれき処理を手伝いました。母トシ子さん(92歳)は今でも現役で海 …

明舞地域まちづくりに貢献

 機構の事務所がある明舞(めいまい)団地まちづくりとして,被災地支援を行っている神戸国際支縁機構に現地の実状,および復興について発表が求められました。事務局山本智也君が報告しました。 明舞opening20130307 …

神戸市カン条例について   カン拾い

    カン拾い禁止は アカン! 神戸市市長 久元喜造 様 神戸市カン条例について                                                    2014年7月3日    …

Page 2 / 4123»
PAGETOP
Copyright © 神戸国際支縁機構 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.