Ciao! チャオ!

イタリア募金 「ふれあいの祭典 丹波ふれあいフェスティバル」にて 2016年10月30日

イタリア募金 「ふれあいの祭典 丹波ふれあいフェスティバル」にて 2016年10月30日

 募金総額5,325円 

 イタリア救援金先はイタリア・ローマカトリック教区(教皇名義)。
大阪府立長野高等学校の生徒会も1万4,669円もの募金を寄せてく
ださいました。

アマトリーチェ地図

 イタリアで8月24日未明に,マグニチュード6.2級の地震発生。
イタリア市民保護局の幹部は翌日,死者が少なくとも300人に達
したと明らかにしました。

 震源地近くの山岳部にある複数の町や村で多くの石造りの建物
が崩壊。現在も不特定数の人々ががれきの下敷きになっています。
アマトリーチェの町長は地元メディアに「町の4分の3が崩壊した」
と話しています。

 震源に近いは建物の多くが倒壊していて、
 住民:「部屋に夫婦と9歳と8カ月の子どもがいる。何とか助かっ
てほしい」

 今も多くの人ががれきの下に取り残されたままで,軍も出動して
懸命の救助作業が続いています。

Amatrice

 神戸国際支縁機構は自然災害への現場へ急行します。
 家,財,家族をサイクロンによって失った方々のために行動
します。とりわけ,親を失った子どもたち,
夫を亡くした女性
たちが生きていくのに必要な救援金
を届けます

Amatrice2

 “義援金は100日以上も顧みられていない。「義援金」という名称も
おかしい。「見舞金」なら遅すぎる。「救援金」という名称にしてす
ぐにでも支給すべきである。”
牡鹿半島 聞き取り調査 (6) 」(拙稿 2011年7月)

 「義援金」donation は寄贈されたおカネです。そこで「救援
rescue money to a person in distress と呼ぶべきです。災害な
どの被害者への救援,寄附として,義援金は遅すぎて,ふさわしく
ない表現と言えます。
 地元が必要なら,即断,即決,即実行しないと間に合いません。
アマトリーチェなど,家,家族を失った子どもたちのために救援金
を有効に用います。

イタリア地震救援金

イタリアチラシ

 

イタリアボランティアにご参加したい方は下記にご連絡
ください。現在2名の申し込みがあります。

一般社団法人 神戸国際支縁機構
Kobe International Supporting Organization (KISO)
E-mail kiso@mbe.nifty.com
HP http://www.kisokobe.com/
Tel : (078) 782-9697  Fax: (078) 784-2939

岩村 義雄(Yoshio Iwamura)
E-mail: QYH05423@nifty.com
携帯 070-5045-7127

郵便振替     口座 00900-8-58077 加入者名 一般社団法人 神戸国際支縁機構
 もしくは
三菱東京UFJ銀行 462(三宮支店) 普通 3169863  神戸国際支縁機構 岩村義雄

募金者 および 合計金額 受領順 2016年8月26日以降

目標額 100万円

現在 63,493

岩村義雄,岩村カヨ子,神戸国際キリスト教会,
匿名,竹内牧子,安立 昇,街頭募金,大阪府立
長野高等学校,本田寿久,

 ※ 2015年3月27日の理事会は,名前だけにして,個人の金額に
   ついて表示しないことを決議。
 ※ 救援金の寄附者は,振込用紙に記入なさっています。バヌアツ,
   ネパール,フィジー,熊本地震の場合,年金生
活の中からわず
   かですが,お用いくださいとのコメントが多
いです。
 ※ バヌアツ,ネパール,フィジー,熊本地震の場合,夫をなくし
   た女性,在日朝鮮人,在日中国人などの寄留の外
国人,被差別
   部落の方たちの応援,痛み入ります。

 必ず,イタリアのために と書き添えてください。