シリア救援金 お願いします。شكرا جزيلا لك.

中東の悲劇

 
 終わりが見えないシリアの紛争。第2次世界大戦以降,最大の人道危機です。平和な街,村,人々の談笑が消えてしまいました。国外に脱出を余儀なくされたシリア人は7年間で国内だけで,650万人,国外へ512万6969万人に及びます。シリア人口1856万4000人の内,6割が難民です。アサド政権,アメリカが支援するアルカイダなどの反対派,最高指導者バグダーディー[1971-2017]率いた過激派組織「イスラム国」(IS),クルド人勢力の衝突があります。それぞれが「正義」を主張します。大きくはアサド政権と反体制派が対立しています。とくに「アラブの春」の波がシリアにも影響しました。シリアの民主化という大義名分,イスラム国のテロに対する戦いというスローガンで軍事介入を正当化してきた米国の参入によって,戦火を逃れようとする難民が一気にふくれ上がりました。続いてロシア,トルコ,イランといった国々がアサド政権に協力したり,米国を中心とする有志国連合にトルコ,イラクを含めて,対抗しています。諸外国の覇権争いが繰り返され,シリア全土が主戦場になりました。
 今,一番優先すべきことは,「難民」問題です。シリア国土からどれかを排除すれば解決する次元ではありません。なぜなら排除した側の暴力,つまり必要悪を認めたことになるからです。
 内戦終結のために第一歩として,戦争の最大の犠牲者である弱い立場の孤児,夫をなくした独身女性,高齢の独居者と「共生」,「共苦」,「苦縁」することを第一歩すべきでしょう。
 
 神戸国際支縁機構の岩村義雄会長は2017年12月28日~1月4日にシリア人難民キャンプを訪問。
 
 
 
第1次シリア訪問   2017年12月28日~2018年1月4日
 シリアの紛争から命からがら隣国のレバノンに逃げてきた難民は100万人を越えています。昨日,レバノンのベイルートからドイツの女性記者もシリア訪問。2012年8月にあったきりのシリア国アレッポ正教会マー・グレゴリオス・イブラヒム主教の消息を知りたがったが,仲の良かったナタリーの家族も知らないと言います。
 戦争,テロに明け暮れてきたシリア人にとり,今,平穏な生活と言うが,日本人の感覚とはずいぶんずれています。テロを生み出す原因となった大国のエゴのために犠牲になっているシリア人はたくましいです。
 
 
 
 2017年12月29日 レバノン国ベイルートのシリア人路上生活者
 
 
 レバノンの非公式難民キャンプで暮らすアブスルタンのようなシリア人は20万を超えます。大半が木やビニールシート,波形トタンなどを寄せ集めた仮設のシェルターに住んでいます。内戦を逃れた人々が増え始めてから何回かの冬の間,彼らは雨風をしのぐだけの住まいで洪水にも厳寒にも耐えてきました。

難民キャンプの一日
 
現地ではWiFiが使えないのは痛恨である。長時間になるから,デジタルカメラのバッテリーも消耗してしまう。何も食べず,とにかく歩く,それも早く歩かないと子ども達が円陣になって移動できなくなってしまう。
 

珍しく飢えた,また顔が青白い子どもがおカネを求めた。他の子ども達と異なり,遠慮しない正直な言葉に,一瞬,息を呑んだ。しかし,その後,お腹を大きな手術跡を見せてくれた。「大変だったね」と,普遍言語で話すと,その少年は二度とおカネを求めなくなった。
 
 マリッシュ難民キャンプには,200人の子ども達がいる。孤児,夫をなくした独身女性,高齢の独居者と「共生」,「共苦」,「苦縁」をと足を踏み入れた途端,帰してもらえなくなってしまいました。レバノンと異なり,英語はぜんぜん通じません。
 どんなに貧しくても,学校に行っていなくても,スリをしたり,モノをとろうとはしないモラルが高いのはどうしてでしょうか。こちらが教えられた一日でした。 
 
シリア難民キャンプ シュティラーキ 2018年1月2日
 
 民を思いどおりに支配したい政治家が登場すると,4世紀にできあがった“キリスト教”制度と同じように,民はたいへんな悲惨を味わう。イスラム教徒にとっても預言者イエス・キリストが誕生したクリスマスは最大の記念行事である。31日まで街中で祝われる。イスラーム教を敵視したり,線引きをするのはいつの時代も政治家である。
 シリア,レバノンなどでは,一夫多妻制はもはやみられない。イスラーム教からキリスト教に転向もOK。食事はなんでも食べる。紛争後のシリア,レバノンの人々の生き方である。もはや特定の敵をつくることはしない教訓を学びとっている。
 
 
できるだけ小さな難民キャンプを二日後以降は訪問させていただいている。ここシュティラーキでも帰り際は60人の子どもに囲まれてしまった。とてもひとなつっこいし,みんなかわいい顔をしている。
 
 
前日は雪が降った。肌寒いが,一歩,難民キャンプに足を踏み入れると,人々は温かい。
 「さて,イエスは目を上げ弟子たちを見て言われた。『貧しい人々は,幸いである,神の国はあなたがたのものである』」(ルカ 6:20)。
 なぜ「貧しい」ことが「幸い」なのかは逆転の発想ではない。グローバルの企業戦士,投資家,冨を掌握する人たちより,彼らの方がずっと「しあわせ」だと確信できるからである。
 
 

 
 第2次は2名が孤児の施設建設のために向かいます。
 

シリア救援募金

郵便振替     口座 00900-8-58077 加入者名 一般社団法人 神戸国際支縁機構
 もしくは
三菱東京UFJ銀行 462(三宮支店) 普通 3169863  神戸国際支縁機構 岩村義雄

 

募金者 および 合計金額 受領順 2018年1月9日以降

目標額 200万円

現在 2,021,921

岩村義雄(4),神戸国際キリスト教会(2),「小さくされた人々のための福音」講座(4)
沖縄バプテスト連盟 ルア教会,土手 暁,土手 直,遠藤トシ江(宮城県石巻市),保田茂,
高橋信二(丹波),濱田和子,菊池則子,井元親男,岩間 洋,岩間千恵子,
日本基督教団神戸栄光教会,本田寿久(4),木村褜治,池永タケコ,有年米子,
祐照寺(古川真照住職),高橋一正(5),高橋秀典,山本次子,青木玉江,
オリーブの木キリスト教会,石川満澄,石川久子,福井重男,垂水朝祷会,
伊藤睦人(福岡県松末),小野寺 脩(宮城県石巻市),有限会社吉田興業 吉田 明,
青活祭フェスティバル,吉俣正光,北川禮子(宮城県石巻市),忠内一由,忠内有紀,
栗原 健,坪井久子,小島崇文,水谷弥生,朴 明子,西上千栄子,岡田小百合,
垂水朝祷会,阿部純子(宮城県石巻市),KISO牧場,中山敬一郎,小島千鶴,
鶴崎祥子,高島邦夫,河内常男,松村淳子,吉永輝次,松本裕之,藤原加寿子,
神戸キリスト教書店,

 ※ 2015年3月27日の理事会は,名前だけにして,個人の金額に
   ついて表示しないことを決議。
 ※ 救援金の寄附者は,振込用紙に記入なさっています。バヌアツ,
   ネパール,フィジー,熊本地震の場合,年金生
活の中からわず
   かですが,お用いくださいとのコメントが多
いです。
 ※ バヌアツ,ネパール,フィジー,熊本地震の場合,夫をなくし
   た女性,在日朝鮮人,在日中国人などの寄留の外
国人,被差別
   部落の方たちの応援,痛み入ります。

 必ず,シリア と書き添えてください。

 鯉のぼりや風船は神戸スイミープロジェクトの栗須哲秀代表から
預かります。