マスクを海外の貧しい孤児,戦争や被災により夫をなくした独身女性,高齢の独居者に

 海外の神戸国際支縁機構の9つの支部から医療品などなかなか地方の集落には届かないので,自分たちがボランティアをして地域の貧者に届けたいとの願いが寄せられています。

 みなさまのご協力をお願いします。

 

西村迅太君(じんた 尼崎市立杭瀬小 小6 11歳),筆者,西村一華(いちか 小3 8歳)

2020年5月23日(土)午後2時,高津ミヨさん(85歳 昭和10年生)が香川県で生まれ育ち,8反の田んぼを兄と耕作した幼い時の体験を語ってくださいました。山田高義&尚美さんご夫妻もたくさんの手作りマスク支縁に協力くださいました。じんた君,いちかさんの母親香代子さんもいらしていました。
田村治典先生の人格が人を集めています。翌日,土曜日は421個,わざわざ木村ミツル先生と71個を追加し,機構の事務所までお持ちくださいました。
したがって,計492個になります。感謝なことです。

『中外日報』(2020年5月8日付)。

第104次東北ボランティアに参加の田村治典氏たちは400個の手作りマスクを岩村義雄理事長に提供。2020年4月30日。尼崎市。

全国から海外の貧者のためのマスクを提供 敬称略

矢野寛子,田村治典,木村ミツル,山田高義&尚美,牛田匡(2),村上安世(2),
岡部和香,安正祐,土手ゆき子,本田寿久,白方誠彌,山下寛&弘美,
畑琴枝,渡辺智恵(5),岩村義雄,札幌希望の丘教会,菊地満代,馬淵恭子,
遠藤美智子,高津ミヨ,西村香代子&迅太&一華,前 朋子,赤石恵里,他 

 新型コロナウイルスについての岩村義雄の論考をご覧ください。

キリスト教と福祉―新型コロナの救い (英文付)2020年4月19日 神戸国際キリスト教会
英文完全原稿 Complete manuscript of  English 
⇒  Christianity and Welfare-Salvation ―The New COVID-19―
   読後感 読後感 新免 貢

矢野寛子さんのフェイスブック 2020年4月28日

2020年5月16日

 

『クリスチャン新聞』(2020年5月3日付)

岩村義雄先生

 お変わりなくお元気お過ごしの事と存じます。コロナ騒動で世界中が大変になっていますが,日本も,感染の鎮静には苦労しています。軽症感染者の把握が出来ませんので,簡単に近くの人に広がるので,防御が難しいのです。現在の非常事態を継続していけば,その中には終息に向かうでしょうが。それと,PCR検査を徹底的に行えば,軽症感染者が補足できますので,直ぐに隔離をしておけば,感染の機会が無くなりますので,必然的に感染は終息することになります。韓国は,PCR検査を感染が広がった時に直ぐに実施して鎮静化に成功しました。日本は,この対策が遅れたので,終息に時間がかかっています。幸い死亡者が他国に比して少ないのは,やはり,日本の医療制度が良いためだと思います。米国ニューヨークは,貧しい人が多いので,治療の機会がないまま,死亡者が増加していきました。今後は,早くワクチンを開発しないと,発展途上国で感染が蔓延したら,多くの人々が犠牲になると思われます。

 この度は,新免先生の著書をお送り頂いたばかりか,メールで頂いた,4月19日の先生の「キリスト教と福祉」についての論文の印刷文を頂きまして,有難うございました。先生の主張を十分に理解する力はありませんが,すべてが,人間に巣くっている罪から発生している事は間違いない事と思います。私達は,罪の値は死であると受け止め,復活への希望を持って,イエスの御声に従うように生きる努力を継続して行きたいものだと思います。どうぞ,くれぐれもご無理をされませんように,ご自愛下さい。主のご平安をお祈りします。                   淀川キリスト教病院名誉院長 白方誠彌

海外発送のための救援金もお願いします。

郵便振替  口座 14340-96549731 加入者名 カヨ子基金

神戸国際キリスト教会,岩村義雄,白方誠彌,本田寿久,中山圭子,

 引き続き,みなさまからの応援をお待ちしています。 

 国内では,加西市の藤丸秀浄住職たちがふとんを提供してくださっています。
病院が院内感染のため,受け入れてもらえないので,一時的な待機場所のため
備えています。仮設病院など必要な方はご連絡ください。
                        携帯 070-5045-7127