「生きべくんば民衆とともに,死すべくんば民衆のために」
  • HOME »
  • スケジュール

1
3
機構 事務局 10:00 AM
機構 事務局
4月 3 @ 10:00 AM – 5:00 PM
機構 事務局
四・三記念 統国寺 10:30 AM
四・三記念 統国寺
4月 3 @ 10:30 AM – 11:30 AM
四・三記念 統国寺
四・三記念 大阪市天王寺区統国寺 2019年4月3日  4・3記念とは,チェジュド(済州島)にあるノ・ムヒョン前大統領の時代に建造された記念館が偉業です。チェジュド(済州島)が現在,平和の島として確立するには,「国家」が過去の自国民族を虐殺したことを謝罪することが大切と判断して設立されました。過去の歴史を正しく認識する韓国の歴史認識は日本が学ぶべき模範です。  ⇒ 2016年10月22日訪韓の際 https://www.youtube.com/watch?v=2cegdj9Ir5w&t=70s 統国寺に開始1時間前に着き,崔無碍住職から寺のゆかりを聞きました。朝鮮半島から日本に仏教が伝わったと学校で学びます。統国寺は新羅の元暁[げんぎょう 617-686]大師によって華厳と浄土を説かれた教えを守り続けています。
4
炊き出し 12:00 PM
炊き出し @ 東遊園地(神戸市役所隣)
4月 4 @ 12:00 PM – 6:00 PM
炊き出し @ 東遊園地(神戸市役所隣)
 
5
6
7
第95次東北ボランティア 1:04 PM
第95次東北ボランティア
4月 7 @ 1:04 PM – 4月 10 @ 2:04 PM
第95次東北ボランティア
第95次東北ボランティア 2019年4月7-10日  5月の田植えに備えて宮城県石巻市渡波を訪問。2011年震災後,石巻市は仙台市に次ぐ大都市でしたが,人口減少。都会の一極集中は地方の経済をだめにしています。とりわけ震災後の農林魚,産業もどんどん衰退しています。国など中央は合併,統合を推し進めますが,過疎,高齢化,少子化による税収減は北海道夕張のように破産宣告寸前まで追い込まれています。私腹を肥やさないで,統合を拒んだ宮城県涌谷町(わくやちょう)の大橋信夫町長は私たちが訪問する直前,4月4日に自殺なさっていました。  被災地は深刻な不況です。日本全体が地方の痛みを「共感」するようにならないものでしょうか。   機構の農法の恩人千葉富男さんです。無農薬,有機のイネの苗を作ってくださっています。農協を通すと,全国どこでもネオニコチノイド系農薬が含まれていますが,農薬を使わない米づくりの友です。 ⇒ https://otoriyosegurume0141.com/                  
礼拝 10:00 AM
礼拝
4月 7 @ 10:00 AM – 1:00 PM
礼拝
2019年4月7日,第95次東北ボランティアに向かう前,神戸国際キリスト教会のメンバーは明石城公園で花見を楽しみました。自然を愛でる気持ちと共に,抑圧されている在日朝鮮人と「共生」,「共苦」,「苦縁」していく価値観をみなさんは持たれています。無償化,日本軍「慰安婦」問題(人身売買ではなく,強制連行,レイプ),神戸事件(1948年4月24日の阪神教育闘争),強制徴用などについて共振しています。左から4番目に,「小さい『平和の少女像』を牧師は手にしています。在日朝鮮人の痛み,苦しみ,怒り,くやしさに共感していく面々です。神戸地域のウリハッキョのバザーや体育祭には,教会はこぞって毎年参加しています。 https://www.facebook.com/peacestatueinjapan/?modal=admin_todo_tour)ホームページ(https://smallstatueofgirl.amebaownd.com/)
8
9
布施辰治石碑インタビュー 1:26 AM
布施辰治石碑インタビュー
4月 9 @ 1:26 AM – 2:26 AM
布施辰治[1880-1953]は日本が生んだ最大の弁護士です。布施弁護士の故郷石巻の蛇田「あけぼの南公園」公園の石碑の場所でインタビューさせていただきました。祖父庄司が布施弁護士と同じ蛇田であり,若い頃,東京で布施事務所の書生をしておられました。「生きべくんば民衆と共に,死すべくんば民衆のために」という言葉を標しています。布施辰治はアジアのシンドラー[オスカー・シンドラー 1908-1974 戦時下,ユダヤ人虐殺から救ったドイツ人]として映画化されています。   映画「弁護士 布施辰治」予告編
11
炊き出し 12:00 PM
炊き出し @ 東遊園地(神戸市役所隣)
4月 11 @ 12:00 PM – 6:00 PM
炊き出し @ 東遊園地(神戸市役所隣)
 
13
14
第8次西日本豪雨ボランティア 1:30 PM
第8次西日本豪雨ボランティア
4月 14 @ 1:30 PM – 4月 17 @ 9:00 PM
第8次西日本豪雨ボランティア
第8次西日本豪雨ボランティア 急激なダム放流により小田川堤防が破堤し,59名が亡くなった箭田地区。一番の被害地域箭田の境(さかい)の被災者たちのところでボランティアに仕えました。村上裕隆代表や,大島健二郎君も額から汗が落ちていました。
15
新見市河本ダム 8:14 AM
新見市河本ダム
4月 15 @ 8:14 AM – 9:14 AM
新見市河本ダム
 2018年7月6日,岡山県倉敷市真備(まび)町地区では高梁(たかはし)川に流れ込む小田川の堤防が決壊しました。高さ6メートルを超える水量が真備の地区を襲いました。死者は真備地区だけで犠牲者51名です。8割超が一階部分で遺体となって発見されました。8月12日の時点で850人が避難所生活をしていました。家屋の二階にまで押し寄せた小田川の決壊の原因はなんでしょうか。  地元紙『山陽新聞』によると,成羽川(なりわがわ)ダムなどの放水による高梁川の増水が支流の小田川に影響したと疑われる,と報道しました。つまり豪雨により増水した治水ダムが決壊しないため,放水したことによって,下流に洪水を引き起こしたことが明らかになっています22)。私たちも2018年8月8日,13日に高梁川に沿って,成羽川ダムを訪問しました23)。途中,高梁市備中広瀬は一週間前に訪問した美袋(みなぎ)より,高梁川の増水,洪水により痛々しい光景が広がっていました。電柱が2本,1本は上部2メートルでひん曲がっているのを田村晋作さんは指摘されました。ともに「どのようにしてあんな上が曲がったのでしょう」と首をかしげました。2018年7月6日夜の水圧の威力,高さに驚かされます(第5次西日本豪雨ボランティア報告より抜粋)。  ダム偏重治水行政については何の問題もなかったとふり返らなくていいのでしょうか。残念なことに,高梁川上流の新成羽川ダムと河本(こうもと)ダムの二つの放流が小田川決壊につながったとする関係についてメディア,国,自治体は検証していません。河本ダムは洪水調節機能を有する治水ダムですけれど,当日,23時には異常洪水時防災操作(流入量をそのまま放流)に切り替えました。 高梁市の防災責任者によると,「実は河本ダムに言ったんですよ。『これ以上流すと氾濫するから,もう放流はしないでくれ,頼むからやめてくれ』と。でも河本ダムからは『放流しなければダムが決壊する。そうなればもっと甚大な被害が出るから無理です』と言われました」とのことです24)。緊急放流は,ダム決壊を招く越水防止の最終手段とされています。  だが,河川工学者である今本博健(ひろたけ 78歳)京都大学名誉教授は「そもそもダムからの越水がどれほど危険なのかを国がきちんと検証できていない」とし,緊急放流について「越水による流量の方が緩やかになる可能性が高い」,と疑問を投げ掛けておられます25)。つまり国交省などダムを造る側は「ダムがあふれ,越流するとダム全体が決壊するから,放水は必要だ」,と主張しますが,今本教授はダムの天端(ダムの最上部)から水があふれた場合に決壊するという事例がないので,国の主張に冷ややかです26)。  一方,ダムがなければ大きな被害という学者もいます。中北英一教授(京都大学防災研究所)は「ダムがなければもっと大量の水が下流に流れ,大きな被害が出ていたのは間違いない」と話されました27)。しかし,中北教授が憶測で語られたことは根拠のない話です。なぜならダムがなかったなら避難の時間ができたという視座が欠落しているからです。岩手県の田老町で世界最大の防潮堤によって慢心していた住民が3.11で津波に流された時,防潮堤がなかったら,もっと大きな被害になっていたという負け惜しみの論理と根っこは同じです。28)。
16
広島 小屋浦4丁目 9:00 AM
広島 小屋浦4丁目
4月 16 @ 9:00 AM – 5:00 PM
広島 小屋浦4丁目
第8次西日本豪雨ボランティア  豪雨時,流木は凶器と化します。枕崎台風(1945年9月17日)に,当時小学校4年生であった高下国治さん(こうげくにじ 84歳)は枕崎台風(広島県死者2,473人,行方不明者1,283人)を覚えておられます。小屋浦4丁目にお住まいで,極楽橋付近には13の砂防堤があったこと,7人が鉄砲水の犠牲になられたと無念に語られました。  小屋浦は天地(てんち)川沿いを中心に約800世帯です。避難所が閉鎖される2018年10月6日,最後の避難所が閉鎖されました。最大9か所,ピーク時には1353人が身を寄せました。住宅被害は町全体で全壊220棟,半壊762棟など計1161棟に上回っています。『中國新聞」(2018年10月15日付)。  天地川の上流の小屋浦4丁目の住民の10人が突如の鉄砲水で逃げ場もなかったのです。なぜ鉄砲水が起こったかは,自然災害というより,砂防ダムに原因があります。「古い石積みだったから決壊した」と,住民は国交省,県,マスコミを通じて信じ切っています。しかし,1950年建設の小屋浦ダムは土木技術として,石積みとは断定できません。決壊した断片からセメントが用いられていたからです。昭和になってセメントを用いずにえん堤を建造する工事は過去のものになっていました。※拙論「危機の時代から刷新の時代へ ―その三 カオスから回復へ」(2019年)。  支流と合流する地点の被害が大きかったことも事実です。地元,役所,メディアは石積みが問題であってコンクリートならば,災害を防げたと語ります。「山から海に流れる天地川の上流の砂防ダムが崩壊し,土石流が両岸の集落を襲い,16人が死亡し,いまも1人が行方不明となっている」『長周新聞』(2018年12月18日付)。コンクリート製の新たなダムを建造しようという空気に異を唱える人はいないようです。住民もコンクリート安全神話を宗教のように信じ込んでおられます。  住民も現場にはコンクリート製の砂防ダムが網羅されていたことに覚醒しなければなりません。天地川に合流する名もない支流の上流にも必ずといってよいくらいコンクリート製砂防ダムが造られていました。三面壁になっており,どこも土砂が堆積して機能が麻痺していました。鉄砲水の原因は何だったのか,他の日本の地域と同じように,ダムが元凶であったことについて思考停止の様相です。  天地川沿いではなく,支流の土石流によって命を落とした人々についてなぜ検証しないのでしょうか。  名もない川の上流の砂防ダムからの濁流,岩石,樹木によって,政本朝子さん(88歳)と娘の典子さんの親子2人で暮らす住宅は崩れた土砂がのみ込みました。娘さんはいまだに行方不明です。
18
理事会 6:30 PM
理事会
4月 18 @ 6:30 PM – 7:30 PM
 
炊き出し 12:00 PM
炊き出し @ 東遊園地(神戸市役所隣)
4月 18 @ 12:00 PM – 6:00 PM
炊き出し @ 東遊園地(神戸市役所隣)
 
21
Easter 10:00 AM
Easter
4月 21 @ 10:00 AM – 12:00 PM
Easter
イースター,おめでとうございます。 神戸国際キリスト教会 牧師 岩村義雄
「みんなで考える9条・明舞の会」 2:00 PM
24
機構 事務局 10:00 AM
機構 事務局
4月 24 @ 10:00 AM – 5:00 PM
機構 事務局
神戸事件記念シンポジウム 1:00 PM
青団連 4:30 PM
青団連
4月 24 @ 4:30 PM – 9:00 PM
青団連
兵庫の青少年団体の紹介冊子発行『みんなあつまれ』(兵庫県青少年団体連絡協議会 2019年 7頁)。
26
大宮有博 cknセミナー 5:00 PM
大宮有博 cknセミナー
4月 26 @ 5:00 PM – 7:00 PM
大宮有博 cknセミナー
主 題 : 「白人福音派とトランプ現象」   話し手:大宮有博(おおみやともひろ)     1970年大阪府豊中市生。関西学院大学神学部卒業,同大学神学研究修了,Graduate Theological Union,Asbury Theological Seminaryにて学ぶ。London Bible College (現London School of Theology)にて博士号取得。新約聖書学およびアメリカ宗教史が専門。神戸国際大学附属高等学校,神戸松蔭女子学院大学,名古屋学院大学准教授を経て,2016年から関西学院大学法学部教授。 【編著書】 『栗林輝夫セレクション2 アメリカ現代神学の航海図』(共 新教出版社 2018),『栗林輝夫セレクション1 日本で神学すること』(共 新教出版社 2017),『シネマで読むアメリカの歴史と宗教』(共 キリスト新聞社、2013),『アメリカのキリスト教がよくわかる』 (キリスト新聞社 2006)など。 https://www.christiantoday.co.jp/articles/26757/20190418/hanshin-shukyosha-no-kai-april-2019.htm  
28
30
PAGETOP
Copyright © 神戸国際支縁機構 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.