「生きべくんば民衆とともに,死すべくんば民衆のために」
  • HOME »
  • スケジュール

1
リニューアル工事 強制立ち退き 1:51 AM
リニューアル工事 強制立ち退き
8月 1 @ 1:51 AM – 2:51 AM
リニューアル工事 強制立ち退き
リニューアル工事とは名ばかり   昨日,2018年8月1日,住民を追い出す暴挙  阪神・淡路大震災以降,東遊園地(神戸市役所隣)に住まざるを得なくなった路上生活者(野宿者 英語 Bag people)が住みついています。神戸市(久元喜造神戸市長)は,路上生活者の生活手段であるカン拾いをすると20万円以下の罰金だぞと脅したり,2014年以降も,人権がないがしろにされてきました。  今回は,寝泊まりの「居場所」を狙い撃ち。公園などのリニューアルを名目にしていますが,資材置き場にふさわしいスペースはいくらでもあるにもかかわらず,路上生活者の生活の場を追い出しました。  
機構 事務局 10:00 AM
機構 事務局
8月 1 @ 10:00 AM – 5:00 PM
機構 事務局
2
炊き出し 12:00 PM
炊き出し @ 東遊園地(神戸市役所隣)
8月 2 @ 12:00 PM – 6:00 PM
炊き出し @ 東遊園地(神戸市役所隣)
 
第3次西日本豪雨ボランティア 10:44 PM
第3次西日本豪雨ボランティア
8月 2 @ 10:44 PM – 11:44 PM
第3次西日本豪雨ボランティア
第3次西日本豪雨ボランティア 2018年8月2日  路上生活者の堀 浩一さん(56歳)も加わり,岡山県倉敷市真備(まび)町です。でがれき撤去に仕えます。西日本豪雨で4万3006棟の浸水被害と総務省は述べています。真備町全体では,4700戸が浸水し,2100棟は全壊と判断されています。  私たちが訪問している区域は真備(まび)町の中心地区箭田(やた)の東地区で,見るすべての家が人が住めなくなっています。宮城県石巻市渡波(わたのは)の津波被害の在宅被災者の場合,暖がない状態ではありましたけれど,人々は二階でサバイバルのように生活をなさっていました。しかし,箭田の被災家屋は高さ4~5メートルもの洪水が押し寄せ,どこもかしこも生活できる状態ではありません。  街全体がまだヘドロ臭がします。水を吸い込んだ畳一畳は大人4人ではなかなかもちあがりません。倉敷市の社会福祉協議会の指示で入っているボランティアも午前中には作業を切り上げます。  機構は避難所で縁ができた方たちの家を中心に訪問していますので,時間制限はとくありません。とどめもなく汗がしたたります。家に戻って来て再建する家屋はわずかです。  
4
5
6
7
第4次西日本豪雨ボランティア 10:32 PM
第4次西日本豪雨ボランティア
8月 7 @ 10:32 PM – 8月 8 @ 11:32 PM
第4次西日本豪雨ボランティア
第4次西日本豪雨ボランティア 2018年8月7日~8日 6名  岡山県倉敷市真備(まび)町箭田(やた)でのがれき撤去。暑い炎天下,長年住み慣れた家,愛着ある住まい,他の土地へ行きたくない人々は執念のようになんとかしたいと願っています。災害給付金300万円と水害特典付き保険金の頭金にゼロから作り直す気持ちを奮い立たせておられます。2階の天井まで泥水で曲がってしまった有り様。どこから手を付けるかは,骨組みだけにしてから考えるしかありません。  気が遠くなる再建。何年かかるでしょうか。ボランティアが先週くらいから有井地区だけでなく,東の箭田方面にもボラセンから午後3時まで来てくださるようになりました。    
8
機構 事務局 10:00 AM
機構 事務局
8月 8 @ 10:00 AM – 5:00 PM
機構 事務局
成羽川ダムが小田川氾濫の元凶 10:44 PM
成羽川ダムが小田川氾濫の元凶
8月 8 @ 10:44 PM – 11:44 PM
成羽川ダムが小田川氾濫の元凶
 ≪真実による目からうろこの体験≫  ① 小田川の水害の元凶は高梁川の上流。   ② ダムは水量を調節できず,放流し山里に被害を与えてきた。    ③ 江戸時代の河川修復工法は現代でも通用する。コンクリートが被害を増幅。    「超高耐久性コンクリート」と言えども,中性化,鉄筋の腐食,ひびわれ,強度劣化,表面劣化,漏水,部材の大たわみを免れることはできない。80年はもたない。一方,自然石,岩を用いた工法の耐久性を見直すべきである。  防潮堤,山間部トンネル,ダムはいずれも人災をもたらすもろい材質によって作り上げられている。  富国強兵政策の明治維新以降,だれを儲けさせてきたのでしょうか。尻ぬぐいはいつも民衆に押し付けられてきませんでしたか。  2018年8月8日午後5時33分 妹尾厚男さんが案内。本田寿久事務局長の巧みな運転でたどり着く。
9
道路維持管理 工事 2018年8月9日 3:24 AM
道路維持管理 工事 2018年8月9日
8月 9 @ 3:24 AM – 4:24 AM
神戸市は,路上生活者の人権を損なうな! 20188年8月9日  8月1日に,行政は路上生活者を立ち退きのために,住んでいた場所を「リニューアル工事」という看板を置いて,追い出しを図りました。9日には,看板が変わっていました。「道路維持管理 工事」になって いました。何を工事する目的でしょうか。道路ならば,改修を終えたばかりの新しいタイルが敷き詰めら   れています。路上生活者の居場所だけをフェンスで囲み,入れないようにしています。
炊き出し 12:00 PM
炊き出し @ 東遊園地(神戸市役所隣)
8月 9 @ 12:00 PM – 6:00 PM
炊き出し @ 東遊園地(神戸市役所隣)
 
11
12
第5次西日本豪雨ボランティア 1:30 PM
第5次西日本豪雨ボランティア
8月 12 @ 1:30 PM – 8月 13 @ 11:00 PM
第5次西日本豪雨ボランティア
第5次西日本豪雨ボランティア  2018年8月12日~13日  初日,高梁川の酒津樋門(さかづひもん)を伴真里奈(第22次東北ボランティア)さんに案内してもらいました。日本で一番古いコンクリート工法による水門です。  翌日朝,午前7時15分,備中町志藤用瀬橋が途中で岩に引っかかっていなければ,川上町吉木の橋台(きょうだい)に衝突していた橋の残骸を見ました。大惨事になっていたことでしょう。  志藤(しとう)の芳賀通子(みちこ)さん(75歳)も,高梁川の被害を語っておられました。3階建ての市営住宅の2階まで高梁川が押し寄せ,川中神社もごっそり持って行かれたと嘆息しておられました。  高梁市から総社市に行くと,高梁川の堤防の左右の光景が戦場跡のようになっています。お盆の影響でしょうか,川の両側にどなたも見かけません。工場の爆発のすさまじさが吹き飛んだ設備,新築の家々,集落はどのように復興するのでしょう。洪水と同じように二階も住めなくなっています。  第五福田小学校での炊き出しにご協力くださった岡本卓也教師もご一緒にがれき撤去に汗を流されました。  二人の路上生活者の献身的な働きにより,はかどります。    
『クリスチャン新聞』(2018年8月12日付) 10:27 PM
13
第5次西日本豪雨ボランティア 二日目 11:52 AM
第5次西日本豪雨ボランティア 二日目
8月 13 @ 11:52 AM – 12:52 PM
第5次西日本豪雨ボランティア 二日目
 帰途,福田建夫・京子夫妻の住まわれる岡山市東区西平島に訪問。 2018年7月7日,岡山市内などを流れる砂川の岡山市東区沼にある堤防がおよそ100mに渡って決壊しました。県内で倉敷市真備町地区の約1200ヘクタールに次ぐ規模の約750ヘクタールになります。死者は出なかったものの砂川の決壊により冠水し,家電製品や風呂などが壊れました。エアコンも室外機が水に漬かって使えなくなっていました。平島地区一帯は2230棟が床上浸水が1ヶ月経て,生活困難であることが伝わります。受験生の福田智久君とも久し振りに再会しました。「道路整備などの音がうるさくて勉強に集中ができません」,と訴えていました。
16
路上生活者にいやがらせ 3:40 PM
路上生活者にいやがらせ
8月 16 @ 3:40 PM – 4:40 PM
神戸市行政は路上生活者にいやがらせ  冷房が効いている場所で,働いている役人は,たとえ被災地に遣わされても,震災体験を活かしたデスクワークをします。粉塵を吸い込みながら,汗びっしょになり,肉体労働をする公務員にお目にかかる機会は阪神・淡路大震災以降,どの被災地でも見かけることはありません。  一方,阪神・淡路大震災から働き口が得られない路上生活者は,岡山県倉敷市真備(まび)町の被災で困っている人々のことを聞くやいなや,一緒に出かけています。長靴,防災マスク,飲料水を購入するゆとりがなくても,がれき撤去に汗をかきます。苦しんでいる人たちへ感情移入されるやさしさについて役人 達は見倣うべきです
炊き出し 12:00 PM
炊き出し @ 東遊園地(神戸市役所隣)
8月 16 @ 12:00 PM – 6:00 PM
炊き出し @ 東遊園地(神戸市役所隣)
 
20
21
フクシマ訪問 9:24 AM
フクシマ訪問
8月 21 @ 9:24 AM – 8月 22 @ 10:24 AM
 
23
炊き出し 12:00 PM
炊き出し @ 東遊園地(神戸市役所隣)
8月 23 @ 12:00 PM – 6:00 PM
炊き出し @ 東遊園地(神戸市役所隣)
 
24
CKN講座 豊原正尚 5:00 PM
CKN講座 豊原正尚
8月 24 @ 5:00 PM – 6:00 PM
CKN講座 豊原正尚
「阪神間の寺院の危機的状況」 豊原正尚プロフィール 1964年生 甲南大学文学部卒,旅行代理店等を経て阪神淡路大震災後に西福寺に入寺。現在,西福寺副住職,西宮市仏教会副会長,ボーイスカウト宝塚第一団団委員,甲南大学探検部OB会事務局等。
阪神間の寺院の危機的状況 5:00 PM
阪神間の寺院の危機的状況
8月 24 @ 5:00 PM – 6:00 PM
阪神間の寺院の危機的状況
豊原正尚 プロフィール 1964年生 甲南大学文学部卒,旅行代理店等を経て阪神淡路大震災後に西福寺に入寺。現在,西福寺副住職,西宮市仏教会副会長,ボーイスカウト宝塚第一団団委員,甲南大学探検部OB会事務局等。
26
28
30
理事会 3:32 PM
理事会
8月 30 @ 3:32 PM – 4:32 PM
 
炊き出し 12:00 PM
炊き出し @ 東遊園地(神戸市役所隣)
8月 30 @ 12:00 PM – 6:00 PM
炊き出し @ 東遊園地(神戸市役所隣)
 
31
PAGETOP
Copyright © 神戸国際支縁機構 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.