「生きべくんば民衆とともに,死すべくんば民衆のために」
  • HOME »
  • スケジュール

1
第6次訪朝ボランティア 9:00 AM
第6次訪朝ボランティア
5月 29 @ 9:00 AM – 6月 3 @ 7:00 PM
 
平壌市内 7:00 AM
平壌市内
6月 1 @ 7:00 AM – 8:00 AM
平壌市内
 経済封鎖されているはずなのに,車の往来が多く,ガソリンは潤沢です。日本車も増えています。タクシー,二階建てバス,路面バス,地下鉄が網羅されています。東京と同じように,平壌も一極集中を免れません。ベトナム,インドネシア,タイなどに劣らない経済成長です。日本のビジネスマンも押し寄せています。残念なことに,一般の日本人はあまりにも無知すぎます。
子どもの日フェスティバル 10:00 AM
子どもの日フェスティバル
6月 1 @ 10:00 AM – 12:00 PM
子どもの日フェスティバル
 社会主義圏では,全世界で6月1日に「子どもの日」が祝われます。健常者の幼稚園児と,障がい者回復院の子ども達がなごやかに交流します。健常者がダウン症,知能の障がい者,ハンディキャップでの子ども達を決して偏り見ることがなく,一緒に競技,遊戯,ゲームを楽しみます。「カヨ子基金」のスィンヨンちゃん,チュクム君,リクク君,キムちゃん,ホング君も目が輝いていました。
朝鮮外国語大学 1:30 PM
朝鮮外国語大学
6月 1 @ 1:30 PM – 2:30 PM
朝鮮外国語大学
 日本語科の5人に,「ユーモア」と「ジョーク」の違いを話す。
2
4
6
炊き出し 12:00 PM
炊き出し @ 東遊園地(神戸市役所隣)
6月 6 @ 12:00 PM – 6:00 PM
炊き出し @ 東遊園地(神戸市役所隣)
 
7
三宅直美 11:30 AM
三宅直美
6月 7 @ 11:30 AM – 12:30 PM
 
8
会計 9:00 AM
会計
6月 8 @ 9:00 AM – 12:00 PM
 
9
運動会 11:30 AM
運動会
6月 9 @ 11:30 AM – 3:30 PM
 
10
編集長 11:30 AM
編集長
6月 10 @ 11:30 AM – 2:00 PM
 
11
後見人ボランティア 10:00 AM
後見人ボランティア
6月 11 @ 10:00 AM – 1:00 PM
 
舞子ビラ有栖川 6:05 PM
舞子ビラ有栖川
6月 11 @ 6:05 PM – 7:05 PM
舞子ビラ有栖川
坂井良行(高野山真言宗西方院)住職たちの垂水仏教会から神戸国際支縁機構に12万7千円贈呈されました。 一年間,駅前で暑い時も,寒い時も托鉢で集められた全額です。一円たりとも無駄には使えません。 御仏に合掌。
13
領事 11:30 AM
領事
6月 13 @ 11:30 AM – 1:00 PM
領事
炊き出し 12:00 PM
炊き出し @ 東遊園地(神戸市役所隣)
6月 13 @ 12:00 PM – 6:00 PM
炊き出し @ 東遊園地(神戸市役所隣)
 
14
北村聡一 11:15 AM
北村聡一
6月 14 @ 11:15 AM – 12:15 PM
 
15
垂水朝祷会 7:00 AM
垂水朝祷会
6月 15 @ 7:00 AM – 8:30 AM
谷口恵一兄
16
第97次東北ボランティア 1:24 PM
第97次東北ボランティア
6月 16 @ 1:24 PM – 6月 19 @ 2:24 PM
第97次東北ボランティア
第97次東北ボランティア 宮城県石巻市渡波 2019年6月16-19日  神戸市垂水仏教会の各宗派の方たちは,極寒(ごくかん)の冬,炎天下の夏に駅前で托鉢をなさっています。一年間で集まった浄財12万7千円全額を神戸国際支縁機構に寄贈してくださいました。  石巻市で最大の称法寺に訪問。松山善洋副住職と歓談。南浜町には延々と防潮堤が建造されています。地元の人たちは陰で,実際の津波には何の立たず,高潮のためなら不要だと酷評です。もっと被災住宅,8年を経た仮設住宅の老朽化,復興住宅の孤独死などにおカネをかけてほしいと,どこに行っても耳にします。“「修繕補助制度」も利用は5割”『河北新報』(2019年6月15日付第一面見出し)。今朝の『河北新報』の第一面見出しには,“仮設入居中1494人死亡”と,全国紙から忘れられた悲劇が伝わってきます。 何のための防潮堤か。高潮対策なら,即刻中止を。  コンクリート製はせいぜいもって60年。海の汚染の元凶になり,魚,藻,海苔などにダメージを与えます。無駄な出費であり,セメント会社の利益で笑いがとまらないのはだれでしょう。麻生太郎さん。 神戸新聞会館の「『死』を考える」講座で講師にお招きした豊原大成[全国仏教会前理事長]住職の父君豊原大潤師の直筆による碑の前で,撮影。縁があります。  右は福島県相馬市から5年前から支縁に来ておられる松山善洋副住職です。福島県の放射能汚染について聞かせていただきました。政府が帰宅困難区域に戻るように,言われても,学校,病院,店もないのに無茶だとこぼしておられました。東京オリンピックに向けた姑息な戦略に怒っておられます。 海外ボランティア,とりわけ孤児のために毎月,郵便局から自動引き落としのために里親になってくださっている佐野明男&良子夫妻と,1923年生まれのみえ子さん(今年96歳)のご家族です。「カヨ子基金」の応援者です。みえ子さんのユーモアで笑いっぱなしでした。  渡波の松原町は,東北三県で面積当たり,最大の犠牲者が出ました。ご夫婦で地域のために立ち上がっておられます。どこのだれがどうなったか,どこに行かれたのか,いまだに不明なままです。 臨済宗,浄土宗,浄土真宗,真言宗など神戸市垂水区の超教派の住職たちは,駅前で托鉢をなさっています。  血,汗,涙の結晶である浄財全額を災害地のために提供してくださいました。  左列の窓側のご住職は坂井良行(高野山真言宗西方院住職)さんです。カンボジアの学校づくりにも奮闘しておられます。 村上裕隆代表。先月,園児たちと田植えした苗がすくすくと育っています。昨日の嵐のような雨で倒れていないか,私たちはわが子のように見守っています。  無農薬,有機です。保田ぼかし(無農薬,有機による乳酸菌こやし)を先月,施しました。  地域のみなさん,亀山繁氏,保原政美氏,佐島みさえさん親子の応援がなければ,おいしいお米はできません。 在宅被災者の呻き 渡波三丁目 佐藤金一郎氏 仮設住宅,避難所に行かれず,在宅被災者として,石巻市だけでも1万人5千人近くが傾いた家で耐えられました。  全壊でないため,災害救助金もわずかしか支給されていません。  おカミに任せておけません,と今回,防災士の資格をとっておられること知り,うれしかったです。被災者自身が立ち上がるのを「支縁」させていただいています。  ⇒ https://youtu.be/AigT771jO1o
9条  2:00 PM
9条 
6月 16 @ 2:00 PM – 3:00 PM
 
17
18
新潟・村上&山形・鶴岡地震 10:22 PM
新潟・村上&山形・鶴岡地震
6月 18 @ 10:22 PM – 6月 20 @ 1:40 AM
新潟・村上&山形・鶴岡地震
山形県,新潟県で地震,津波発生。2019年6月18日午後10時22分。  宮城県から現場村上に急行しました。  山形県沖を震源とする地震がありました。新潟地方気象台によると,地震の規模はマグニチュード6.8と推定していました。震源の深さは約14キロ,村上市消防によると,府屋の80代男性が転倒し,右足にけがをした程度の情報しか入っていません。  国道345号で落石があり,車が乗り上げ,通行止めになっています。  東京電力柏崎刈羽原発(新潟県),北陸電力志賀原発(石川県)があるせいか,新潟県,村上市役所なども,実態がつかめず,行政はピリピリしていました。地震発生から約3時間後に村上市の最大の避難所総合体育館に到着しました。200人が最大に,3時間後の警報解除に伴い,自宅に帰宅する人も増え,朝4時には140人ほどに減っていました。  神戸国際支縁機構の事務局からの約3時間にわたる詳細な情報がなければ,第97次東北ボランティアの一行は村上市山北総合体育館には急行できませんでした。約3時間に及ぶ関西からの連絡は地元の役所よりは正確な分析であり,有用でした。 村上市山北支所近く 2019年6月19日午前4時撮影 鶴岡市立大泉小の相撲場倒壊 (『朝日新聞』 2019年6月20日付)。 村山幹大(かんた 13歳)君は野球部に属し,避難所に深夜きたものの家の損壊を心配していました。伊藤華帆(かほ 16歳)さんは,「だいじょうばない」と,小学校1年生の時,東日本大震災の時の揺れを思い出したと語られました。写真に関心があり,撮影を快く引き受けてくれました。同じ高校1年生の大滝心さんは落ち着いて,地震を受け止めておられました。 落石のため海岸線345号 日本有数の米どころである庄内平野を走ることから名づけられた特急「いなほ」は345号沿いに走っています。18日午後10時22分,地震発生で急停車,乗客は降りたと,地元の方は言われていました。ハマナス色の列車は345号沿いに停車したままでした。
20
班長休 12:00 PM
班長休
6月 20 @ 12:00 PM – 4:00 PM
 
炊き出し 12:00 PM
炊き出し @ 東遊園地(神戸市役所隣)
6月 20 @ 12:00 PM – 6:00 PM
炊き出し @ 東遊園地(神戸市役所隣)
 
23
25
タキフ再来日 7:22 AM
タキフ再来日
6月 25 @ 7:22 AM – 6月 29 @ 8:22 AM
 
27
理事会 6:30 PM
理事会
6月 27 @ 6:30 PM – 7:30 PM
 
炊き出し 12:00 PM
炊き出し @ 東遊園地(神戸市役所隣)
6月 27 @ 12:00 PM – 6:00 PM
炊き出し @ 東遊園地(神戸市役所隣)
 
28
山本かほり女史 11:30 AM
山本かほり女史
6月 28 @ 11:30 AM – 12:30 PM
 
桜間裕章氏cknセミナー 5:00 PM
桜間裕章氏cknセミナー
6月 28 @ 5:00 PM – 6:30 PM
桜間裕章氏cknセミナー
桜間 裕章(さくらま・ひろあき)氏 神戸新聞社常勤監査役 テーマ「新聞の現在」 プロフィール 経歴  1954年   兵庫県生まれ  1979年4月 神戸新聞社入社  社会部、文化部、阪神総局などで勤務。  阪神・淡路大震災は社会部記者として取材。その後、震災担当デスクとして震災報道に約10年携わる。  2002年3月 社会部副部長    05年3月 東京支社編集部長兼論説委員    06年3月 文化生活部長兼夕刊編集長    08年3月 論説委員    09年8月 論説副委員長    12年2月 論説委員長    14年2月 執行役員論説委員長    17年2月 常勤監査役
29
PAGETOP
Copyright © 神戸国際支縁機構 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.