震災直後から被災地と3年以上,かかわりつづけるには覚悟がいります。団体の売名行為,自己満足のために被災地があるのではありません。
 私たちが,3.11以降,縁が結ばれ,家族以上に親しくさせていただいている地域が宮城県石巻市渡波(わたのは)という地域です。石巻市(震災前人口16万人)は東北で最大の被災面積です。阪神淡路大震災の時,幼かった子供,あるいはまだ生まれていませんでした。今では,大学生,社会人,高校生に育っています。一度もお会いしたこともなければ,足を踏み入れることもなかった東北の方々は,わが子のように温かく迎え入れてくださいます。

 2012年4月23日(月)午後1時半~午後3時 石巻市亀山紘市長の講演 神戸文化ホール 大ホールにて

 長渕 剛 ひとつ

 石巻から合奏「ありがとう」

震災遺構を残して,いのちの大切さを語り継ごう

 門小2階教室門小2階廊下                門脇小学校教室  門脇小学校1階廊下 門小職員室

職員室 上記三点の写真は現在の門脇小学校。中国四川省の大地震跡をそっくりそのまま残している映秀(インシュウ Yinxiu)のように,いつまでも心に刻むために,このまま残そう。

津波ラインb

 ごめんね

 「大事に使うんだよ」と言って,図書カードが残ったままだったね。
 好きな本をいっぱい買ってやればよかった。
 欲しいゲームがあって,お年玉を数えてたね。
 「少し足りないからもうちょっと貯めてから」と。
 お母さん買ってあげればよかった。ごめんね。
 「お母さんの命を掛けても守るから」と12年間言ってきたこと,守れなくてごめんね。
 嘘ついちゃってごめんね。
 秀がいないのに,お母さんが生きててごめんね。
 代わってあげられなくてごめんね。
 守ってあげられなくてごめんね。
                                           秀の母
                                宮城県石巻市西光寺にて

Sorry

“Use it well”, I said , but the library card never got used, did it.
I wish I had bought stacks of the books you liked.
There was a game you wanted, and you were counting up your New Year’s gifts.
You still had a bit to go; were thinking if you just saved up a little bit more…
 Mum should have bought you the game .
I’m sorry.
 For the 12 years you were here I always said I’d give my life to protect you, but I couldn’t keep my promise. I’m so sorry.
I’m sorry I lied.
I’m sorry that I’m still here when you are gone, Hide.
I’m sorry I couldn’t change places with you.
I’m sorry I couldn’t protect you…

                                       Hide’s mother
                                Translator Dawn Bolton