「生きべくんば民衆とともに,死すべくんば民衆のために」

MENU

  • HOME »
  • 記事 »
  • これまでの活動 

これまでの活動 

神戸市カン条例について   カン拾い

    カン拾い禁止は アカン! 神戸市市長 久元喜造 様 神戸市カン条例について                                                    2014年7月3日    …

神戸2013 ~私たちがつくる多民族・多文化共生社会~

 第9回移住連全国フォーラム・神戸2013 ~私たちがつくる多民族・多文化共生社会~ 機構は事務局として仕えました。 日 時 : 2013年6月15日(土)12:00~16日(日)9:30~場 所:甲南大学岡本キャンパス …

青団連(青少年団体連絡協議会加盟団体)

 「大人は社会を映す鏡です」。まず,大人から変わることによって,時代を担う青少年が弱者にも思いやりを示すコミュニティをつくりあげていきます。「田・山・湾の復活」を目指す被災地支縁,耕支縁,ボランティア活動を通じて,血の通 …

「中外日報」2013年4月23日~5月21日

仏教界最大発行部数の「中外日報」の「時感断想」シリーズに4回,神戸国際支縁機構の岩村義雄代表の体験談が掲載されました。 「阪神宗教者の会」東北追悼と復興の祈り 日 時 : 2013年9月1日(日)~9月4日(水) &nb …

宮城県石巻市亀山 紘市長来神

目 的 : 1995年1月17日(火)午前5時46分にマグニチュード7.3が阪神間を襲った。16年の歳月を経て東北で古今未曾有の東日本大震災が3月11日(金)午後2時46分に発生。阪神間では今なお,心身ともに大きな傷を残 …

第六次東北ボランティア報告

第一回農ボランティア                         2011年10月16-19日 ふゆみずたんぼ による福幸米        2011年10月16日(日)から三泊四日で,石巻市渡波の水田にボランティアに …

牡鹿半島 聞き取り調査 (1)~(9) 追波川 大川小学校

追波川から牡鹿半島の被災地の学校を訪ねて (1)  岩村義雄 Ⓒ 「被造物がすべて今日まで,共にうめき,共に産みの苦しみを味わっていることを,わたしたちは知っています。」(ローマ 8:22)。 被災地便り①        …

牡鹿半島 聞き取り調査 (2)  船越小学校

被災地便り②  聞き取り調査 岩村義雄 石巻市立船越小学校 雄勝町船越 2011年7月3日  石巻市立船越小学校 地図 『東日本大震災復興支援地図』(昭文社 2011年 17頁)  山を越えないと訪れることができないため …

牡鹿半島 聞き取り調査 (3)  名振

石巻市名振コミュニティセンター 聞き取り調査 岩村義雄    2㎞ほど北へ移動する。「名振避難所」というマジックでベニヤ板に書かれた50センチの看板。左に曲がると,阿部氏が約束していた曹洞宗満照寺に入った。   名振入口 …

牡鹿半島 聞き取り調査 (4)  牡鹿半島歴史 鮎川

被災地便り ④ 岩村義雄 11/07/02 (4) 大企業が退却した過疎の集落  a. 牡鹿半島の地勢, 歴史的由来  牡鹿半島の東南東約130km付近(三陸沖)の深さ約24kmを震源として発生した。三陸400キロの中で …

Page 5 / 6«456
PAGETOP
Copyright © 神戸国際支縁機構 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.