「大人は社会を映す鏡です」。まず,大人から変わることによって,時代を担う青少年が弱者にも思いやりを示すコミュニティをつくりあげていきます。「田・山・湾の復活」を目指す被災地支縁,耕支縁,ボランティア活動を通じて,血の通った愛あふれる社会をご一緒につくりましょう。

 神戸国際支縁機構は兵庫県の23の団体で構成する青団連(青少年団体連絡協議会加盟団体)のメンバーです。

 ひょうご青少年社会貢献事業

 私たちは,兵庫県青少年本部の社会貢献認定制度に加わっています。東北ボランティアや,「耕」支縁(炊き出し)に参加した学生たちは社会貢献に意欲をもって活動をアピールする機会が与えられます。被災地の社会福祉の増進に活躍したいと願う高校生,大学生を歓迎します。月に二回以上,自分たちで企画したプログラムを展開していきます。企画力やコミュニケーション能力,たくましく生きる力や豊かな心が培かわれると信じます。
 2013年度は,神戸国際支縁機構の5名も認定されました。

 フォーラムチラシ25

 事務局員山本智也,村上裕隆たちだけでなく,西田怜奈さん(第29,33,42次),山足悠太君(第28次)も報告発表を堂々とされ,拍手喝采でした。

認定証 山本智也

 2014年度も,毎月,東北ボランティアに赴く事業にご参加ください。

26年度ひょうご青少年社会貢献事業承認